die Mondsichel @ Rosebud

「月鎌/Fの中のMの中のF」美少女ゲーム論別館。

2007-03-05

[]おさわり 15:33 はてなブックマーク - おさわり - die Mondsichel @ Rosebud

レスも兼ねて。

1.マウス方式が今残っているのは3D系と痴漢系でしょうか。

ビジュアルノベルの隆盛とともに消えた、というのもありますが、「ひとつのゲームに手間をかけられなくなった」というのも関係しているように思います。一回ずつ鞭で叩いてなんかいられるか、という時間的な理由です。

そして、外しているかもしれませんが、私がもうひとつ考えるのは「Windowsはマウスクリックを範囲無制限に行うには向かないOSだったのではないか」ということです。ウィンドウモードであればクリック範囲は視覚的に小さくなり、シビアな設定ができなくなる。うっかりすると非アクティブになったり「×」に触れる可能性もある。……考えすぎでしょうかw。

2.『エル』の行動アイコンは調べておかないといけないな、と保留です。「YU-NO」はやったんですけどね……(「YU-NO」は行動こそマウスだったのに対してHシーンはマウスクリック方式ではなかったですね)。

# genesis 『 マウスでお触り方式は,ビジュアルノベル形式の興隆とともに消えていったインターフェースですけれども,美少女ゲームが何を志向していたのかを把握するための重要な手がかりだと思っています。――思ってはいるのですが,あまりに昔のことなので,操作性のことは文献資料を見ても思い出せないのが困ったところ。』

# milkyhorse 『 個人的に,『同級生2』が“マウスでお触り方式”だったというおぼろげな記憶はあるのですが…。

 最近,『同級生1』がダウンロード版で復刻(ttp://www.dmm.co.jp/35)しましたので,現認できる希少例かもしれません(既にご承知ならすみません)。

『ドラゴンナイト4』の復刻作業も進んでいるようですね(http://www.elf-game.co.jp/)。

『ドラゴンナイト4』の場合、ポインタが行為を示すアイコンイラストとなっており、特定の形状のアイコンで特定部位を規定数クリックすることで「クリックできる場所」と「アイコン形状」が変わっていきました。

どこにフラグが残っているかもわからないまま、ポインタがキノコマークにならず、いつまでもシーンから抜けられないということもありましたっけ……(なんか二周目ラストのマルレーネで詰まった記憶があるのですが、なんで詰まったかは覚えていないです。)。

DashDash2013/03/19 07:09It's a pleasure to find someone who can identfiy the issues so clearly