こぐにと。 cognit. このページをアンテナに追加 RSSフィード

Archive | Profile
これまでの議題 | 被ブクマ
cogniのダイアリ | はてなB
cognitiveあっとinfoseek.jp

<< 2007/01 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のコメント
こぐにと。はTactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』を応援しています。
 | 

2007-01-29

[] 二度目は喜劇として、名前を呼んで、声と約束  二度目は喜劇として、名前を呼んで、声と約束 - こぐにと。 cognit. を含むブックマーク はてなブックマーク -  二度目は喜劇として、名前を呼んで、声と約束 - こぐにと。 cognit.  二度目は喜劇として、名前を呼んで、声と約束 - こぐにと。 cognit. のブックマークコメント

http://rosebud.g.hatena.ne.jp/natu3kan/20070129/1169888590。二度目、言及します。"History repeats itself, first as tragedy, second as farce."

まず私の文章が引用されている部分について。「感性」という言葉に関しては、はてなキーワードのような意味で利用してました。「稚拙な語彙で雄弁に語る」という創作技法は確かにあると思います。少なくとも、『なのは』のほかにも幾つか好例は挙げられるのではないかと。だから上記エントリに関して、「そういう創作技法がある」程度なら同意します。そういう細かい創作技法は創作本には中々載ってないので、ちゃんと資料に当たりつつ考案・洗練していくのも面白いんじゃないでしょうか。ただ、個人的には、なのはさんのデバイスのような場面において、多くの意味を読み込むことできるところには、ただそういう現象があると指摘するだけでなく、その現象に驚くと同時に慄かなければならないと考えています。意味を過剰に読み込んでしまい誤解するのは読み込む者の責任もあるだろうし、付した意味に常に裏切られ覆される可能性を秘めていることを忘れてはならないだろうから。また、経験上、短い言葉はいいことばかりでなく、怖くもあります。たとえば、何を考えているのか解らないとか。あと、苦労して作って持っていった回路図とか資料に「ダメ」とか「センスが感じられない」とかの短い一言で斬られたときのあの衝撃とかは今思い出しても泣けます。

んで。上記リンクの記事で「なのは」という単語を見て思い出したのが、なのはさんの言葉である「名前を呼んで」。ちょっとまだアニメは見てないので、とりあえず名づけという行為について。Badiouは"Ethics"において、こう述べている。"'To name' simply implies that human animals are in a position to communicate about these elements, to socialize their existence and arange them in terms of their interests."(p. 81)。逆に名づけられることに対して、Butlerは"Excitable Speech"の中で"to be named by another is traumatic"(p. 38)と書いている。この二人の、引用文章の前後から、Aちゃん(仮名)はその名を呼びかけられることによって、Bさん(仮名)のいる共同体に組み込まれることにもなるだろうし、呼びかけられることによって初めて主体化が行われる…という風に解釈ができるとは思うのですが、正直社会学の人たちがやってそうであまり面白くない。Butlerと言えば、呼びかけられることの主体化によるvulnerabilityとともに、呼びかけることのvulnerability(言葉は意図を超えて演じるし、呼びかけても振り返ってくれないかもしれない、など)を思い出しますな。いやまさに。

ついで。ギャルゲーにおいては約束というギミックが使われることが多々あると思うのですが、どうして約束は声で交わされるのか、言い換えれば、どうして言葉ではあっても書面(書き文字)ではない「声」で約束が交わされるという点に常々疑問を持っていました。そりゃあもちろん、幼い頃の幼馴染同士が、結婚の約束とかを書面でするとかは不気味だろうし、「名前を呼んで」という文字が書かれた手紙を渡されたらなのはさんの言葉の何かがぶっ壊れるだろうが、ならばその不気味さや何かがぶっ壊れる感覚はどうして起こるのか。どうして叙情的な約束や、抒情とともに思い出される約束は声でなされなければならないのか。約束は常に聴かれ、更に約束だと理解されねばならない、とAutsinも言ってましたが("How to do things with words", p. 22)、どうして彼はheardという動詞を使っているのだろう。ここで幾つか補助線を引いてみて考えてみようかと思い、声優ファンご用達であろう(←妄想)Derridaの"Speech and Phenomena"を利用しようと思いついたけれど、宿題があるしいまいちまとまらないのでまた今度。ていうかどこかの批評で誰かがやってそうです。

HoodoHoodo2013/06/23 14:09I'm imepsrsed. You've really raised the bar with that.

VishnuVishnu2013/06/23 21:58A good many valulabes you've given me.

hzespleqqqhzespleqqq2013/06/24 14:10okQK7k , [url=http://tpcuoozrfack.com/]tpcuoozrfack[/url], [link=http://ftyekwfhtvxy.com/]ftyekwfhtvxy[/link], http://wcmvjhikfjhx.com/

RituRitu2013/07/02 08:08It's spooky how clever some ppl are. <a href="http://gpgremf.com">Thknas!</a>

RituRitu2013/07/02 08:08It's spooky how clever some ppl are. <a href="http://gpgremf.com">Thknas!</a>

RituRitu2013/07/02 08:08It's spooky how clever some ppl are. <a href="http://gpgremf.com">Thknas!</a>

YazmiinYazmiin2013/07/04 03:20Evneroye would benefit from reading this post http://grxbymn.com [url=http://yezlgmt.com]yezlgmt[/url] [link=http://mpmlifmmf.com]mpmlifmmf[/link]

YazmiinYazmiin2013/07/04 03:20Evneroye would benefit from reading this post http://grxbymn.com [url=http://yezlgmt.com]yezlgmt[/url] [link=http://mpmlifmmf.com]mpmlifmmf[/link]

YazmiinYazmiin2013/07/04 03:20Evneroye would benefit from reading this post http://grxbymn.com [url=http://yezlgmt.com]yezlgmt[/url] [link=http://mpmlifmmf.com]mpmlifmmf[/link]

トラックバック - http://rosebud.g.hatena.ne.jp/cogni/20070129
 |