こぐにと。 cognit. このページをアンテナに追加 RSSフィード

Archive | Profile
これまでの議題 | 被ブクマ
cogniのダイアリ | はてなB
cognitiveあっとinfoseek.jp

<< 2007/02 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最近のコメント
こぐにと。はTactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』を応援しています。
 | 

2007-02-07

[] しばらく更新をゆっくりめに  しばらく更新をゆっくりめに - こぐにと。 cognit. を含むブックマーク はてなブックマーク -  しばらく更新をゆっくりめに - こぐにと。 cognit.  しばらく更新をゆっくりめに - こぐにと。 cognit. のブックマークコメント

テストなどが近づいているためコメントなどを返す余裕がないのと、勉強不足を痛感して一人でしばらく勉強したいため、連続更新は一旦停止します。今後は時間があるとき適当に何か書くスタイルで更新していこうかと思います。どうぞ宜しくお願いします。

また、宣言どおり、週末に批評関連のエントリを削除する予定です。どうぞご寛恕の程を。

追記:削除しました。いちおうローカルで保存しているので、見たい場合は連絡でもしていただければ。

simulaさんからはコメント削除の了承を得ていたので、crow_henmiさんのコメントのみここに転載しておきます。

# cogni 『....

http://d.hatena.ne.jp/crow_henmi/20070202

>究極的には自分語りであり「批評=自己表現」であります

えー。それは小林秀雄の悪影響じゃ?少なからずそういう面はあるとは思いますが、それだけじゃないと思いまーす。もちろん批評の過程に一種の自己表現・自己反省が入り込むことはありますが、批評では、自己反省を導く際の視点が超越性を帯びてしまうという視点の逆説にきちんと気を配った上で、自らの持てる全ての知識と感性とを導入して、作品という圧倒的な現実に対して、ほぼ負け戦が決まっていることを覚悟した言葉を吐かなければならないのが、作者がほとんどゼロからテクストを書き始める形の自己表現となる創作小説や自分語りとは全く違うところではないかなと。

>「自己」が後景化した「批評」というのは、まことに形式的でつまらないものです。

笠井潔が指摘しておりましたが、蓮實重彦『物語批判序説』は、私という一人称がほとんど最後の最後にならなければ出てこないという妙技をかました作品でございました。大変おもしろうございました。まぁ、私という一人称が出てこないからといって、あの文章で蓮實という自己が後景化してはいないとは思いますけれど。

# crow_henmi 『あーその考えはなかったです。作品との対自性、という観点が抜けてる批評論というのも随分と間抜けな話なので、まあ、その、肝に銘じておきます。

 自己の後景化云々は、リーヴィスとかあの辺を意識していました。形式主義への後退といいますか。ニュークリ、便利だけど嫌いなんですよ。「いまを生きる」辺りがその原体験です。』

DernellDernell2012/12/09 01:18You got to push it-this essetnail info that is!

pfqqnwvrpfqqnwvr2012/12/09 18:35b7lLYT <a href="http://gcxrxairxzoy.com/">gcxrxairxzoy</a>

spcrfbdsbchspcrfbdsbch2012/12/11 03:38j3uk6D , [url=http://wcyjencsikxl.com/]wcyjencsikxl[/url], [link=http://aznzqjuwfifx.com/]aznzqjuwfifx[/link], http://plelsxwbzdlj.com/

ujovblvcujovblvc2012/12/12 16:10MZZcvS <a href="http://mdhvnnrtrsxz.com/">mdhvnnrtrsxz</a>

トラックバック - http://rosebud.g.hatena.ne.jp/cogni/20070207
 |