こぐにと。 cognit. このページをアンテナに追加 RSSフィード

Archive | Profile
これまでの議題 | 被ブクマ
cogniのダイアリ | はてなB
cognitiveあっとinfoseek.jp

<< 2007/02 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最近のコメント
こぐにと。はTactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』を応援しています。
 | 

2007-02-14

[] 赤松健インタビュー  赤松健インタビュー - こぐにと。 cognit. を含むブックマーク はてなブックマーク -  赤松健インタビュー - こぐにと。 cognit.  赤松健インタビュー - こぐにと。 cognit. のブックマークコメント

rulia046さんのところから。

http://www1.kcn.ne.jp/~iz-/man/akamatsu/sayings02.htm

この前、ネギま!はロングショットが多くて、スクランはバストアップが多い、という印象論をmixiかメールで書いた覚えがあり、作者である赤松氏本人がそんなことを言っていたのか、となんだか嬉しくなりました。そしてその後、自分の検索能力の低さに落ち込みました。

近況報告に代えて、というか、いちおう何かは書いてるんですけどまとまらないんですよね。

izuminoizumino2007/02/14 23:21専門が映画(SFX含む)の人ですからね。>赤松さん ついでに言うと小林尽は「アニメーターの原画」を模写して絵の訓練をしていた時期があったそうですが(本人談。人物だけでなく、多分エフェクトや背景も込みで)、「洋画」と「和製アニメ」との間で、空間認識や美観の差というのも出てくるのかもしれませんね

cognicogni2007/02/15 00:51コメントありがとうございます。
なるほど、両者はそのような訓練の過去と違いがあるんですね。やはり作家の来歴について知識を持っていると、そういうところまで気が回るところに驚くとともに、素人は専門家には勝てないなぁ、と思いました。
そういえば、確かにアニメは(描きやすくするためか動きを少なくするためか)バストアップが多いような印象があります。そこから小林氏が影響を受けているなら、スクランでそういうショットが多いのも納得がいきます。
あといずみのさんのサイト内にある赤松氏の発言なのに気づけなかったのは不覚でした。

tt2007/02/15 07:05Prismaticallizationで全部語られ終えてるのでいちいち書く必要を感じないとゆーか。

cognicogni2007/02/15 16:08p17n未プレイなんです。でもすでに言われていることを繰り返すのはちょっと恥ですねぇ。まぁとりあえず自分なりに考えてみますが、珠玉のできでないかぎり公開は差し控えようかなと。

crow_henmicrow_henmi2007/02/16 19:02ループゲームの体験の一回性についてはtdaidouji氏かあんよ氏が語ってた記憶がありますが。2005年10月から11月の間くらいで(超あやふや)。

cognicogni2007/02/17 14:14くるぶしあんよさんのところは、
http://www.puni.net/~anyo/diary/200511.html#20051104
ですかね。
tdaidoujiさんのところはまだ許可申請していないので見れません(泣)。
あと関連しているところを見ていったら、昔の自分の記事を見つけて泣きそうになりました。恥で。早く抹消して欲しい。ああもうだからネットは嫌なんだ。

crow_henmicrow_henmi2007/02/18 11:23ああそれです。関連してる自分の記事もあるんですけど、まあそれは別の話。

トラックバック - http://rosebud.g.hatena.ne.jp/cogni/20070214
 |