BLUE ON BLUE(Rosebud Side)

2006-11-03

[]ループゲーム関連――選択肢型VN・ADVの解体と再構成の試み 05:27 ループゲーム関連――選択肢型VN・ADVの解体と再構成の試み - BLUE ON BLUE(Rosebud Side) を含むブックマーク はてなブックマーク - ループゲーム関連――選択肢型VN・ADVの解体と再構成の試み - BLUE ON BLUE(Rosebud Side)

ループゲーにおける特筆すべきゲームを列挙してみるテスト

これらを並べて論考する一章が欲しいとか思います。ちうかループゲー全般とか。寡聞にして知らないのですが、美少女ゲーム最古のループゲーってどの辺りになるんでしょうか?

《選択の一回性》《途中でやめることの自由》《反復可能性》についてはまた別項で扱います。ちうかそれを克服した/それを問題意識の中核に置いたゲームなんてぼくの知る限り存在しないのですが、まあVN・ADVが含有するネガティブ意味での自由度ではあるので、いずれ何か書かざるを得ないでしょう。

《意思決定の無効性》についても、以前書いた解釈からかなり変化が生まれているので、補足を書いておかねばなりません。まあ基本的には《選択の一回性》《途中でやめることの自由》《反復可能性》なんてネガティブで瑣末な(しかも全くゲーム的でない!)意思決定を重視せざるを得ないほどノベルゲーは《非ゲーム》的であるということなのですが。

(もちろん、これはコスティキャン的解釈に基づくものであるのですが)

[]読書の遊戯性? 22:48 読書の遊戯性? - BLUE ON BLUE(Rosebud Side) を含むブックマーク はてなブックマーク - 読書の遊戯性? - BLUE ON BLUE(Rosebud Side)

読書の遊戯性は広義の遊戯性であって狭義の《ゲーム性》とは直接に関わらないだろうと思うんですが。切り分けて、あるいは対比して考えて差し支えないと思います。遊戯性、という言葉意味の取り方を曖昧にしたまま論じても言葉遊びにしかならないだろうな、とか。

milkyhorsemilkyhorse2006/11/03 15:52<ループ系>の定義を仮に「タイムトラベル」と「主人公キャラによる記憶の持ち越し」を主要素とするならば、少なくとも、「ドラゴンナイト4」(1994年,エルフ)まで遡ることができるかと思われます。
 <主人公が謎の騎士らとパーティーを組んで、敵を倒す旅に出る→中盤で主人公はラスボスに破れ、仲間は皆殺しになり、主人公は囚われの身となる→囚われの数年後、主人公は並行世界への脱出を果たし、謎の騎士となってかつての自分とともに旅をする→ラスボスを倒す/前半部分、幼主人公視点では分からなかった謎や背景が、後半の謎の騎士視点でいろいろ明かされてゆく。なお、当然のことながら謎の騎士はかつての自分の記憶を持ち越している。>
 亜種かもしれませんが、参考になれば幸いです。

crow_henmicrow_henmi2006/11/03 22:52情報ありがとうございます。「DESIRE」とかも近いものがありますね。主人公じゃなかったとは思いますが。ぼくの取り上げているループゲーの定義と詳細については後で書きます。定義を曖昧にするとややこしくなるので。

milkyhorsemilkyhorse2006/11/04 10:05さっそくのご返答、ありがとうございました。おっしゃる通り、やはり定義について共通理解がないと、議論がかみ合わないことが多いですからね。今後も、無粋なコメントをしてしまうおそれが私にはありますが、その節はどうか御寛恕ください。

genesisgenesis2006/11/05 01:13ループにまつわる章……書きたいですねぇ。現在のプロットによれば,私の提示する史観の着眼点は《時間》概念の変遷ということになりそうなので。▼ 「ループする物語」ですが,大作の中から挙げるとすると milkyhorse さんの挙げているように『DK4』を最初に置けばいいかと思います。『DESIRE』の場合,記憶の持ち越しをしているのは〈第3の視点人物〉です。上記の定義に沿わせるなら彼女を(強引に)主人公としてしまう必要がありますし,そうでなければ「記憶を持ち越しているキャラクターが存在している」と改変しなくてはいけませんね。

crow_henmicrow_henmi2006/11/05 09:33同じ基点から何度もリスタートする物語、としてのループゲーにおいては、主人公の記憶の持越しが、序盤においては存在しない例も多々あることについて、留意しておきたいと思います。
 ループは選択肢型美少女ゲームの様式に対する解体と再構築であるというのがぼくの考えですが、YU-NO辺りがどのような文脈で出てきたかによって、考えを修正する必要があるのではないかと思います。