博物子

美少女ゲーム年代記 (id:genesis)  

 | 

Monday, 2007/03/12

鬼畜ゲーム大全

鬼畜ゲーム大全  鬼畜ゲーム大全 - 博物子 を含むブックマーク はてなブックマーク -  鬼畜ゲーム大全 - 博物子

 ここしばらく,『欲情装置としての美少女ゲーム』を契機として集中的に《陵辱系》を浚う作業をしています。

 以前,るりあ046さんとの話ででてきたことなのですが―― 私は東浩紀の言説に反発するところはありますけれども,否定しているわけではありません。法解釈学には「判決の射程」という概念がありまして,あるフレームワークが同種の裁判例で汎用的に有効であるかどうかを判断します。とりあえずの課題はこの射程の確定です。

 東浩紀脆弱性が露呈するのは【欲情装置としての美少女ゲーム】で挙げたような作品群でしょう。これらを東が持ちあげるようなことがあれば,私の東浩紀理解が間違っていたということです。d:id:sixtyseven:20070228:p2 にて「風俗としての美少女ゲームに関しての考察」は対象外にするのか?と問われたのは,私が東浩紀とどの程度の距離を置いているのかを意味するものでありまして質問としては的確(クリティカル)だったのですが,そのような質問が出てくるということは私の立ち位置が不明瞭に見えるということの現れなわけで……。

 意外に思われそうな気がしますけれど,私はTacticsVisualArt’s/Keyの三部作(『ONE~輝く季節へ~』『Kanon』『A I R』)が影響力を持ったかという点では高く評価してはいますが,個人の感想としては「かなり好きじゃない」だったりします。

 現在の全体構造になっている「パラダイム4年周期仮説(d:id:genesis:20060406:p1)」は,もともと『美少女ゲームの臨界点』(ISBN:4990217705)が1996~2004年を特権化していることをパロディとして扱ったものだったのですけれどねぇ。


 で,いったん思考を初期化しようと思って物語性とは距離を置いた作品群を眺める作業をしていたわけです。資料として新たに購入したのは『鬼畜ゲーム大全』(ISBN:4902566702;2004年12月,インフォレスト)。本田透が編集しているのですが―― うわぁ,やっぱり本田とは相容れないらしい(d:id:genesis:20051111:p1)。

 前半のカラー部『鬼畜キャラ大図鑑』では,作品ではなくキャラ毎に紹介するというスタイルを採っています――が,それが有効に機能はしていない。男性別に頁を組んでいても画面写真は女性キャラが中心になってしまっています。添えられたテキストが不足しているので陵辱行為そのものについての把握ができません。その点では,一般的な美少女ゲーム紹介と変わるところはないです。

 後半のテキスト編で本田は「人はなぜ鬼畜に走るのか?」を,とくとくと説いています。そこでは「ナチュラルボーン鬼畜」と「トラウマ型鬼畜」に二分します。

  1. ナチュラルボーン鬼畜
    • エロリビドー過多型 『夜勤病棟』『最終痴漢電車』
    • フェシスト芸術型 『おまえのなつやすみ』『Rance』
    • 暴力テロリスト型 『強姦客船』『大悪司』『螺旋回廊』
  2. トラウマ型鬼畜
    • 美学追求型: 『臭作』『鬼作』『真・兄嫁』
    • 愛情分裂型: 『ピュアメール』『Natural2 -DUO-』
    • 監禁引き籠り型 『ハードラヴ』『好き好き大好きっ』
  3. 人間外

そして,「トラウマ型鬼畜」は〈萌え〉と表裏一体の関係にあるというのですが―― 付いていけません(泣)。分類からして,嗜虐趣味とSMとフェチズムの違いをどう扱っているのか分からない。本書では《鬼畜系=陵辱系》としていますが,そうかなぁ……。私見では,《陵辱系》と《純愛系》の相違は過程(ハウダニット)に現れるのではないか。言ってしまえば《陵辱系》は目的なり到達点が不要で,性的興奮を促すシチュエーションさえ揃っていれば成り立つのではないか,という気がしているのですけれど。本田透による分類は,ミステリー用語でいう「ホワイダニット」すなわち動機の観点から区別していますけれど,動機に沿った物語が展開されているわけではないので,ゲーム本編の紹介では機能不全になっている。

 本書はどうにもノリの良さで押し切ったというところが強くて,考察としては参照する価値に乏しいです。同時期に『妹ゲーム大全』『姉ゲーム大全』『メイドさん大全』『ツンデレ大全』という企画本がありまして,本書のその一環なのですが,作品リストとしても使い勝手が悪いという共通した性格があるのは困ったところ。

「妹ゲーム」大全―僕たちの大好きな妹キャラが大集合!! 完全保存版 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA) 姉ゲーム大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA) 「メイドさん」大全 (INFOREST MOOK) ツンデレ大全 完全保存版?僕たちの大好きなツンデレキャラが大集合!!

結局のところ,これら『大全』シリーズは,本田透の悪ノリを楽しべき本なのでしょう。

トラックバック - http://rosebud.g.hatena.ne.jp/genesis/20070312
 | 
access: 292845