1992-1996「98DOSからWindows95へ」

Rosebud Game Chronicle 1982-2006このエントリーを含むブックマーク

1992-1996「98DOSからWindows95へ」

VM仕様と86音源

 PC-9801シリーズは1982年に発売が開始され,様々なモデルが製作された。モデルチェンジのたびに新たな機能が加えられていったが,1985年発売の「PC-9801VM」で仕様が固まった。このモデルで採用された「5インチ2HDのフロッピィ・ディスク・ドライブ(FDD)搭載,横640ドット×縦400ライン,4096色中16色同時発色,アナログRGB2画面」という機能が,その後10年近くに渡る98DOS時代を通して維持されることになる。

 画面まわりの仕様について補足しておくと,「アナログRGB2画面」というのは「640×400の大きさの画像を2枚用意しておき,切り替えて表示する」か「つなげて640×800として扱い,実際に見るときは縦にスクロールさせる」という使われ方をした。後者の縦2画面連結というのは,ヒロインの立ち絵(あるいはベッドに寝そべっている姿)など,特に力を入れたいところで活用される。

 仕様のうち「4096色中16色同時発色」というのは,換言すれば「16色しか使えない」ということを意味する。そのため,後々まで色数の不足が美少女ゲームの作り手を苦しめた。しかし16色制限という問題は,描き手の熱意と創意工夫によって事実上の解決が図られる。タイル状に並んだドットに色を配置していくにあたりディザパターンを駆使して中間色を作り上げ,グラデーションを表現するといったことが行われたのである。このような技術を持つ描き手は「ドット絵師」と呼ばれ,尊敬の対象となった。

 1992年10月,PC-9821が発売される。このシリーズでは画面まわりが強化され「640ドット×480ライン,同時256色」が可能になったが,DOS時代のゲームではあまり用いられることはなかった。それというのもPC-9801シリーズのハードウェアを持つユーザーが依然として多数であったため,古い「VM仕様」でゲームは作られ続けたのである。

 その後,ハードウェアはモデルチェンジを繰り返しますが,美少女ゲームのユーザーが受けた恩恵は処理速度の向上と購入価格の低下であり,仕様に関する部分で大きな変化はありません。

 もっとも,9821仕様のうち音声に関する部分だけは9801にも広まります。9821で採用されたPCM音源は,別売りの音源ボードとして売り出されたため,VM仕様の9801シリーズに取り付けることで容易に機能の拡張ができたからである。従前の9801シリーズでは,VM仕様だとBEEP音しか無く,一部の機種にFM音源が搭載されているのみという状況でありました。その型番をとって「86ボード」と通称された音源は,ゲームユーザーの間ではほぼ必須と言えるものになります。

技術革新の歴史

▼ 『PC Angel』2002年12月号「美研」より

1992年256色対応ゲームの登場 アリスソフト『Super D.P.S.』
 システムに時間の概念を導入 エルフ『同級生』
 メッセージスキップの一般化 エルフの作品など
1993年Windows3.1 登場  
 グラフィックCGの達成率の普及 アリスソフト『あゆみちゃん物語』
 ヒロインをユーザーが設定するシステム カクテル・ソフト『カスタムメイト』
 本格的アニメーションの先駆け ソニア『VIPER V6
 HDD専用ソフトの普及  
1994年マルチシナリオ/マルチエンディングの定着 シルキーズ『野々村病院の人々』
 ザッピングシステムの普及 シーズウェア『DESIRE』
 シーン回想の普及 シルキーズ『愛姉妹』
1995年Windows95 登場  
 CD-ROMが一般化し大容量時代へ  
 3Dレンダリングゲームの登場 イリュージョン『監禁』
1996年ビジュアルノベルの普及 リーフ『雫』
 MIDI音源の普及  
 256色CGの普及  
1998年Windows98 登場  
 フルカラー(65536色)CGの一般化  
 PCM音源でのBGM再生が普及  
 フルボイス普及 フェアリーテール『Natural ~身も心も~』
1999年OPソング/EDソング/挿入歌の一般化  
 大容量ゲームの増加  
2000年WindowsMe/2000 登場   
2001年WindowsXp 登場  
2002年DVDメディアのゲーム増加 アリスソフト『超昂天使エスカレイヤー
 DVD-PGの増加  
 オンライン専用ゲーム登場 フェアリーテール『いたずら姫』

Windows95と256色

編著 おおいしげん(id:genesis
[もどる]