Hatena::Grouprosebud

milkyhorse(Rosebud Side) RSSフィード

(d:id:milky_rosebud)/(d:id:milkyhorse:競馬サブカル論)

List of Contents

-恋愛ゲームシナリオライタ論集2『+10人×10説』寄稿のお知らせ (10/12/15)

-Tactics/Key諸作品におけるファンタジー世界観~時系列の共鳴・共振ないし円環構造,もしくは共時性~(その1) (07/09/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論3―沢渡真琴シナリオに関する加筆情報 (07/08/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論2―誤植箇所の訂正情報 (07/08/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論1―拙稿執筆者の依拠する立場について (07/08/18)

-『リトルバスターズ!』ネタバレ・ファースト・インプレッション(考察の端緒になるかも) (07/07/29-07/08/14)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』寄稿のお知らせ (07/07/20)

-もしも『CROSS†CHANNEL』のシナリオ読解を書くとするならば(今さら) (07/07/18)

-TVアニメ「Kanon」(京都アニメーション版)マルチシナリオ構成分析表 (1-24話/07/03/18)

-美少女ゲーム/ノベルゲームの独自性に関する一考察~アニメ/コミック/ノベルとの比較~ (07/02/13)

-第2期テレビアニメ版「Kanon」(京都アニメーション制作)・川澄舞シナリオにおける"世界観の穴" (07/01/16)

-美少女ゲーム/ノベルゲーム/ビジュアルノベル/恋愛ADVに関する史観例 (07/01/12)

-美少女ゲームのマルチシナリオ分類例 (06/12/31)

-美少女ゲーム/ノベルゲーム/ビジュアルノベル/恋愛ADV (06/11/14)

【pinsyan@milkyhorse.com (@は@に修正)】【記事本文は下のほうです】
 | 

2007-07-20

Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』寄稿のお知らせ 22:11 Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』寄稿のお知らせ - milkyhorse(Rosebud Side) を含むブックマーク はてなブックマーク - Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』寄稿のお知らせ - milkyhorse(Rosebud Side)

 then-dさんが企画・編集されたTactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』が,コミックマーケット72で頒布される運びとなりました。

Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』

サークル"theoria"

コミックマーケット72

2007年8月19日(日) 3日目 東地区 ポ-47b

販売予定価格 1冊1800円 / A5 左綴じ 432頁(背厚22mm)

 『MOON.』『ONE~輝く季節へ~』『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』『智代アフター~It's a Wonderful Life~』を網羅した骨太な論考集が出来上がる見通しです。最新作『リトルバスターズ!』については直接言及されていませんが(2007年6月入稿),本論考集に収録された先行作品に関する諸追究は,作家論的な読解を志向する場合,『リトルバスターズ!』にも射程が及び得て,極めて有効なものと思われます。

 なぜか,当欄執筆者もPinsyan名義で寄稿させていただいています。

題目:Tactics/Key諸作品におけるジュブナイル的主題の変遷と展開―通時性と共時性―(その1)

対象:『MOON.』『ONE~輝く季節へ~』『Kanon』

目次:

 Ⅰ.本論の目的

 Ⅱ.ジュブナイルファンタジーとしてのTactics/Key諸作品

  1.主題と様式との峻別可能性

  2.主題と様式との密接不可分性

 Ⅲ.『ONE~輝く季節へ~』のジュブナイル的主題―永遠否定―

  1.通時性への目覚め

  2.『ONE~輝く季節へ~』に横たわる永遠

 Ⅳ.『Kanon』のジュブナイル的主題―過酷な現実の受容―

  1.受容と逃避の揺籃(ゆりかご)

  2.永遠を抱きしめた『Kanon』

  3.終わりから再び始まる『Kanon』

 Ⅴ.まとめ―過去と現在,永遠と奇跡―

 「馬と『Kanon』」や「馬と『ONE~輝く季節へ~』」と異なり,馬の「う」の字も出てきません(自重しました)。ちなみに,(その1)と銘打ちましたが,(その2)以降はまったく目処が立っていません…。拙論はちょっとした息抜き程度に読み流していただければ幸いです(胃が痛い)。

 |