Hatena::Grouprosebud

milkyhorse(Rosebud Side) RSSフィード

(d:id:milky_rosebud)/(d:id:milkyhorse:競馬サブカル論)

List of Contents

-恋愛ゲームシナリオライタ論集2『+10人×10説』寄稿のお知らせ (10/12/15)

-Tactics/Key諸作品におけるファンタジー世界観~時系列の共鳴・共振ないし円環構造,もしくは共時性~(その1) (07/09/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論3―沢渡真琴シナリオに関する加筆情報 (07/08/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論2―誤植箇所の訂正情報 (07/08/19)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論1―拙稿執筆者の依拠する立場について (07/08/18)

-『リトルバスターズ!』ネタバレ・ファースト・インプレッション(考察の端緒になるかも) (07/07/29-07/08/14)

-Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』寄稿のお知らせ (07/07/20)

-もしも『CROSS†CHANNEL』のシナリオ読解を書くとするならば(今さら) (07/07/18)

-TVアニメ「Kanon」(京都アニメーション版)マルチシナリオ構成分析表 (1-24話/07/03/18)

-美少女ゲーム/ノベルゲームの独自性に関する一考察~アニメ/コミック/ノベルとの比較~ (07/02/13)

-第2期テレビアニメ版「Kanon」(京都アニメーション制作)・川澄舞シナリオにおける"世界観の穴" (07/01/16)

-美少女ゲーム/ノベルゲーム/ビジュアルノベル/恋愛ADVに関する史観例 (07/01/12)

-美少女ゲームのマルチシナリオ分類例 (06/12/31)

-美少女ゲーム/ノベルゲーム/ビジュアルノベル/恋愛ADV (06/11/14)

【pinsyan@milkyhorse.com (@は@に修正)】【記事本文は下のほうです】
 | 

2007-08-19

Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論3―沢渡真琴シナリオに関する加筆情報 23:09 Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論3―沢渡真琴シナリオに関する加筆情報 - milkyhorse(Rosebud Side) を含むブックマーク はてなブックマーク - Tactics/Keyゲーム評論集『永遠の現在』収録原稿の補論3―沢渡真琴シナリオに関する加筆情報 - milkyhorse(Rosebud Side)

/* http://rosebud.g.hatena.ne.jp/milkyhorse/20070720/1184937064 に関する補論です */

 

  • 拙稿「Tactics/Key諸作品におけるジュブナイル的主題の変遷と展開―通時性と共時性―(その1)」に関する補論というか,加筆情報です。
  • 別に落丁があったわけではなく,入稿締切後に着想を得てしまったものであり,改訂の機会を得るまでお蔵入りさせるのももったいないので,ひっそりと公開しておきます。
  • 加筆情報:『永遠の現在』276頁,上から1行目と2行目との間に,下記の通り挿入する。

 

 また,沢渡真琴シナリオの場合,ものみの丘で沢渡真琴が消滅した後,相沢祐一は「小さな驚きや発見でも新鮮」で「楽しくないはずがない」という心持ちで,「普通の日常の中」を「元気だけが取り柄のよう」に明るく快活に過ごしていく*1。これは,「どうか強くあってください」*2という天野美汐との約束を守っている成果であり,他方で,彼女についても,相沢祐一に感化されるように「明るくなってきている」*3様子が細やかに描写されていく。その上で,「たまに時間を合わせては,話をするように」なった相沢祐一と天野美汐の間柄について,

【天野】「いいお日柄ですね」

【祐一】「天野は相変わらず,おばさんクサイな」

【天野】「ひどいですね。物腰が上品だと言ってください」

 

【天野】「約束は守ってくださっているようですね」

【祐一】「ああ。元気だけが取り柄のようなもんだ」

【祐一】「心配ないよ」

【天野】「そうですか。良かったです」

(『Kanon』沢渡真琴シナリオ・エピローグ)

とざっくばらんな会話ながらも*4,二人が互いに関心と思い遣りを寄せ合いながら,恒常的に変化し続ける生活世界を前向きに歩んでいく未来を匂わせて,沢渡真琴シナリオは終幕する*5。このような二人の共時ないし共感を支えているのは,相沢祐一の「俺たちは,同じ夢の中にいて,そこから帰ってきた人間だった」という独白に端的な通り,沢渡真琴が出現していた「束の間の奇跡」*6の終焉を受け容れる境地に二人が共に到っているところが大きい。しかし,他方で,ここでは同時に,

俺たちは,そこからでは見えるはずのない丘を見ていた。

(『Kanon』沢渡真琴シナリオ・エピローグ)

二人が同じ空を仰ぎながら,叶わないと知りつつ,天野美汐が願いごとを尋ね,相沢祐一が沢渡真琴のことを思い浮かべてみせたように,ものみの丘の妖狐たちが「人の繋がりから生まれる温もり」*7を求めたという過去の出来事を慈しむ心情を二人が併せ持っており,それが二人の共時ないし共感の対象の一部となっていることも示唆されている*8

 

 

 

*1:『Kanon』沢渡真琴シナリオ・エピローグより。

*2:『Kanon』沢渡真琴シナリオ・1月26日より。

*3:『Kanon』沢渡真琴シナリオ・エピローグより。

*4:二人が,特に天野美汐が軽口を叩けるようになったこと自体,大きな変化であることはもちろんである。

*5:たとえば,「くるん,と天野が体をひねって,俺の顔を覗き込んでいた」という描写は,天野美汐と相沢祐一の距離感が,従前に比べて,精神的にも身体的にも,相当縮まっていることを表している。『Kanon』沢渡真琴シナリオ・エピローグより。

*6:『Kanon』沢渡真琴シナリオ・1月22日より。

*7:『Kanon』沢渡真琴シナリオ・1月28日より。

*8:たとえば,then-d「反物語化と意図せざるものへの接続―沢渡真琴」(2007年5月初出,同人誌『永遠の現在』所収)による指摘。

トラックバック - http://rosebud.g.hatena.ne.jp/milkyhorse/20070819
 |